「マルンガイ」とはフィリピン・タガログ語、日本では「モリンガ」と呼ばれている、

「マルンガイ」とはフィリピン、タガログ語の呼び名で、日本では「モリンガ」と呼ばれ、広く熱帯・亜熱帯諸国の間で自生・栽培されている植物です 。

「マルンガイ」の原産地は北インドです。紀元前2,500年前と非常に歴史のある植物です「アーユルヴェーダ」という、約5000年前に体系化された世界最古の伝承医学の中で、「マルンガイ」の名前が300もの病気を防ぐと記されています。それから数千年もの間に、主に亜熱帯地域である、アフリカ、インドネシア、フィリピンに進化をしながら伝わりました。その中でもフィリピン産の「マルンガイ」は、原種の持つ良い特性を持ったものとして知られています。

 

「マルンガイ」の持つ効能

1.アンチエイジング効果

動脈硬化や高血圧・脳卒中を引き起こす「活性酸素」を「マルンガイ」の食物繊維のデトックス効果と言われる抗酸化作用で、成人病予防、老廃物の排出促進によるアンチエイジング効果をもたらすと言われています。

2.糖尿病・高血圧の改善効果

「マルンガイ」の葉から抽出された液や粉末にはギャバという有効成分が血圧降下作用や中性脂肪の吸収を抑える働きがあるため、身体の血中糖度を低下させる作用があると言われています。糖尿病の方はおしっこすると泡が立ちますが、この「マルンガイ」をフルーツと一緒に生ジュースにして飲むと翌朝から一切泡が出なくなったそうです。試しに飲むのをやめると三日後からやっぱり泡が出たそうなので、その効果は歴然ですね。

3.美肌効果

食物繊維による老廃物の排出促進により、体内に蓄積したタンパク質や脂肪からの毒素がなくなり、肌のハリやツヤ、肌荒れやにきびの改善効果が期待できます。

4.免疫力のアップ

90種類以上とも言われるビタミン、ミネラルが体内のバランスを整える働き。体中の全免疫細胞のうち約7割が腸に存在しているため、腸内がきれいになると免疫力アップに直接的な影響があるとされています。

5.リラックス効果

ギャバ、アミノ酸という有効成分がストレス低減・精神安定させる働きがあるためリラックス効果が期待できます。

6.ダイエット効果

血糖値を下げることで体脂肪の燃焼を促進する効果

 

「マルンガイ」の副作用

「マルンガイ」には、副作用は無いとされていますが、過剰に摂取すると食物繊維によるデトックス効果でお腹がゆるくなることがあります。

 

「マルンガイ」による短期ダイエット

以前タレントのカイヤさんが「マルンガイ」(モリンガ)による35キロものダイエット成功されていますが、35キロのダイエット効果が得られるまでに「218日間の断食」も合わせて行われていたそうです。ダイエットの直接的な原因は、「マルンガイ」(モリンガ)というよりも断食によるものが直接の原因と言われています。

「モリンガシェイプ」は2016年4月に販売終了しました!

 

「マルンガイ」を避けたほうがいい方

・妊娠中・授乳中の方

・お薬を服用されている方(お医者様にご相談ください)

・糖尿病の方(血糖値が必要以上に低下する可能性があるため)

・アレルギーのある方

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

おすすめの記事