超高齢社会を迎え、年をとっても日々を心豊かに過ごせるかどうかに、脳の健康が大きく関わっていることが知られるようになった。自身も家族も健康に生活していくためには、可能な限り脳を若く保ちたいもの。大和ハウス工業は5月、「脳の若さを保つ生き方」と題する第5回大和ハウス生活文化フォーラムを東京で開催する。フォーラムでは、各界を代表するパネリストが、日々の生活で心がけることを紹介。簡単な料理の実演も交えながら、脳の若さを保つのに役立つ生活習慣などを紹介する。

「ヘルスケアニュース - SankeiBiz(サンケイビズ)」を閲覧する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

おすすめの記事