頼んでいない料理が届いても「ま、いいか」と、おおらかに受け止めていただくことをお願いしています-。注文を取ったり、料理を運んだりする接客スタッフ全員が認知症の当事者というレストラン「注文をまちがえる料理店」が3月4、5の2日間、東京・霞が関の厚生労働省で開かれた。

「ヘルスケアニュース - SankeiBiz(サンケイビズ)」を閲覧する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

おすすめの記事