【症例画像も】赤ら顔になる「酒さ」の症状・治療法・市販薬

【皮膚科医が解説】いわゆる「赤ら顔」になる皮膚の病気、「酒さ(しゅさ)」。顔の表面の細い血管が広がって赤く見えたり、ニキビのようなブツブツが頬や鼻を中心に広がったりします。湿疹と紛らわしいものもあるので注意が必要です。酒さの症状、効果的な治し方について症例画像と合わせて解説します。

「All About(オールアバウト) [症状・病気] 」を閲覧する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

おすすめの記事