ピロリ菌薬

毎年恒例の健康診断で、

胃にシワが見えるということで、いつもの「ピロリ菌」が発生しているらしい。

少量なので放って様子を見てもよいけど、慢性胃炎を引き起こしているので、

「除菌をしましょう。」

と主治医の先生のお勧めもあり、除菌をすることになった。

もちろん、再検査の段階では胃カメラを呑む事になり、

非常に辛い思いをしての再検査だった。

人によっては、胃カメラよりバリウムの方が嫌だという人もいるらしいけど、

私には理解できない。よだれと涙は絶え間無く流れ、

食道を通る際の不快感は、何事にも代え難い。

 

除菌というのは、特別な処置・手術をするものでなく

投薬で除菌をするものらしい。最初聞いたときは、ホッとしたが、

いざ薬をもらってみるとその量の多さに驚かされた!

全部で6種類、いつもの不整脈の薬と入れて、9種類もの薬を飲む事になった。

さすがの大食漢の私も、これだけでお腹いっぱいになりそうである。

ただ、1週間の辛抱なので我慢しないとね。

除菌の結果は、3ヶ月後に分かるらしい。本当なのかね?

 

除菌が目出度く成功して入れば、

これで、胃がんへのリスクは少し低くなるんだね・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

おすすめの記事