心身の不調の原因は「気滞」?憂うつ感に処方する漢方薬・効果

【漢方薬剤師が解説】憂うつ感やイライラが続き、体にも頭痛、肩こり、消化器症状などの不調が出ている場合、精神的ストレスが蓄積し、全身の気の流れが悪くなっている「気滞(きたい)」の状態かもしれません。気滞を改善する代表的な漢方薬である半夏厚朴湯、逍遥散、加味逍遥散、柴胡加竜骨牡蛎湯、抑肝散のそれぞれの特徴と効果について解説します。

「All About(オールアバウト) [治療・介護] 」を閲覧する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

おすすめの記事