メタボ

随分とダイエットのモチベーションが下がって久しいこの頃ですが、

わがままな腹回りが着れる服やズボンを選び始めました。

 

緊急事態です!

 

胸の痛みやお腹周りの張りなど、やばい状況は続いていましたが、

仕事が忙しい事を理由に二の次にしていました。

 

昨年はあのライザップも試して効果も出たんですが、見事なV字回復!

今では、本当にわがままな肉体になり放題!

 

再度、再度の挑戦!

今回は、1日1食ダイエット、やってみようかと!

1度試したことはありますが、何の知識もなしにやって直ぐ挫折。

続けられるよう努力しないといけません。

1日1食にしてもストレスを溜めず、リバウンドもしないよう

まずはしっかりとした知識から入ろうと思います。

 

1日1食ダイエットとは?

毎日の食事を1回にするダイエット方法です。

1日のうち朝食、昼食、夕食のうちいずれかで、出来るだけ多くの品数を

食べるようにしていきます。基本的に好きなものを好きなだけ食べても良いらしいです。

アルコールやスイーツもOKです。

 

1日1食ダイエットのメリット

単純に摂取するカロリーが1/3になります。確実に減量出来ます。

当面、空腹との戦いになりますが、慣れてしまうと急に身体を動かすことが出来たり、

お腹いっぱいで眠くなることもなくなるので、仕事や勉強の能率が上がります。

 

1日1食ダイエットの失敗しない方法

1日のうち1食しか摂らないので、摂取する栄養は考える必要があります。

不足すると体調不良の原因となるたんぱく質やビタミン、ミネラルの摂取は

しっかりと行う必要があります。また、水分補給も大事です。食事の量が減ると

便秘になりやすいので、水分は2リットルはとるようにしましょう。

 

1日1食がキツイと感じた時

今まで3食わがままに食べていた人がいきなり1日1食にする事は

かなりギャップがあり、キツイと思います。

最初は1日1食でなく、1日のうち1食を減らすことから始めてみましょう。

 

1日1食で効果が出ない場合

1日1食で効果が出ない場合のほとんどが、1日の総摂取カロリーを超える

1食の摂取カロリーを摂っている場合です。

いくら好きなものを好きなだけ食べてもいいと言っても過食は厳禁。

また、摂取する食物のカロリーと消費するカロリーはどれくらいか

という事は、把握しておきましょう。

 

リバウンドはしないのか?

1日1食から1日3食に戻すと摂取カロリーが増えるので、基本的にリバウンドします。

摂取カロリーを超えるカロリーを消費すれば、リバウンドはしません。

ダイエット中に運動も合わせて行い、筋肉を付け基礎代謝を上げる事で

何をしなくても消費カロリーを上げる事も出来ます。

 

要は食事制限とカロリー消費ですね。

ライザップでも理屈は一緒です。

ライザップでは糖質制限をするので、より短期的に効果が出ます。

 

私は、夕食抜きから始めます。

運動は、有酸素運動はダイエットバイクとバランスボールによる筋力アップから

再開してみます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

おすすめの記事